東峰村

文字サイズ

  • 文字標準
  • 文字大
 |  |   | 
  • 東峰村の行政情報サイト
  • 東峰村の観光情報サイト
  • 東峰村の移住定住に関する情報サイト
  • ふるさと納税のお知らせページ
  • 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口・支援措置のご案内
  • 東峰学園
  • 東峰村応援団

東峰村総合計画について

2020年5月28日投稿

 東峰村では、平成27(2015)年度から令和6(2020)年度までを計画期間として、第2次総合計画を策定し、「美しい山里を継承し豊かな暮らしを創造する幸せな村」を村の将来像として、5つの基本目標を定めて、様々な取り組みを推進してきました。一方、人口減少、少子高齢化への対応として、「東峰村人口ビジョン及び総合戦略」を策定し、平成27(2015)年度から令和元(2019)年までの5ヵ年で、様々な取り組みを進めていました。

 しかし、平成29年7月5日から6日にかけて発生した九州北部豪雨災害は、本村において、かつてない河川氾濫、流木、土砂災害等を引き起こし、尊い人命が犠牲となり、住宅、インフラ、産業等への甚大かつ広範囲にわたる被害をもたらしました。このため、早期の住環境、インフラの復旧、産業の再生、被災者への支援、自然環境の再生など、迅速かつきめ細やかな対応が必要となり、平成30(2018)年3月に東峰村復興計画を策定し、「安全・安心な村づくり」の実現を目指して、村をあげて曾遊な復旧・復興の取り組みを行っているところです。こうした状況において、将来像の実現に向けた村づくりを進めていくためには、前期基本計画及び総合戦略で取り組んできた施策の継続に加え、復興計画における様々な施策を推進する必要があります。そのため、災害後の村の状況を踏まえながら、これらの計画を包括するような総合計画として、第2次総合計画の後期5ヵ年を対象とする後期基本計画を策定しました。

関連ダウンロードファイル

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償版)が必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。